40代のムダ毛処理男性が増加

永久脱毛を行う男性は主に20代と30代が中心ですが、最近は40代の永久脱毛が急増しています。

メンズ脱毛の専門店「RINX(リンクス)」が公開した年代別の来店者数の推移グラフによると、2014年に永久脱毛の施術を受けた40代の男性は、前年から約3倍に増加しています。

(グラフ:日刊SPA!

40代の男性が永久脱毛を行う理由は、毎日行うヒゲ剃りの時間を節約したいというものや、奥さんの勧めでアンダーヘアを処理したいといったものまで、色々な理由があるようです。

ここ数年で男性専用の脱毛サロンが続々と登場し、社会的にも男性のムダ毛処理に対するハードルが低くなっているというのも要因として考えられます。

年齢によって注意すべき永久脱毛の問題

幅広い年代に永久脱毛が広まっていることは、悩みを我慢するよりも根本的に解決してしまおう、という男性が増えていることを示しています。

しかし、歳を重ねてから永久脱毛に取り組もうとする際に、注意すべき点が一つあります。それは「白髪化」です。

若い人にはあまり知られていないことですが、年を取ると髪以外の毛、つまり体毛も白くなっていきます。加齢によって白くなった体毛は、レーザーやフラッシュ脱毛器の光に反応せず、脱毛の効果を得られなくなります。

つまり、光脱毛器による永久脱毛はタイムリミットがある、ということです。

個人差も大きいですが、早ければ30歳前後から体毛の白髪化が始まります。幸いにも、筆者は毛が白くなる前に永久脱毛を終えることができましたが、これから脱毛したいと考えている方には、できるだけ早く実施することをおすすめします。

白くなった毛に対しては、「針脱毛」で永久脱毛を行う方法もあります。しかし、光脱毛より痛みが大きく、施術時間も長く掛かります。 また、針脱毛には家庭用の脱毛器が無く、クリニックに通わななくてはならない点も大きな負担です。

若いうちに永久脱毛を済ませれば、それだけムダ毛の悩みから早く開放されます。 脱毛すると決めたら、少しでも早く実施した方が良いというのが筆者の考えです。(ただし、未成年者の場合は、保護者との相談が必要な点にご注意ください。)