男性の脱毛・ムダ毛処理にはどんな種類がある?

最近では男性のムダ毛処理が一般化し、脱毛器を買って自宅で処理する人や、美容クリニックに通う人も珍しくなくなりました。

男性のムダ毛処理には様々な選択肢があり、体毛の濃さや部位、そして目的などに応じて、最適な手段を選ぶことが大切です。

美容脱毛の先進国であるアメリカの専門医の意見を元に、男性が現在利用できる脱毛の種類をまとめました。
(参考ソース:Hair Removal: For Men Only

1. 光脱毛(レーザー、フラッシュ)

どのような脱毛か?

レーザーやフラッシュの光を照射し、毛根を死滅させる。

処置時間

部位ごとに30分程度。完了までに8回程度が必要。

適している部位

胸、お腹、背中、肩、手足、陰部など。

施術費用

1回当たり5万円~6万円(クリニックでの費用。部位により異なる)

脱毛の効果

脱毛が完了すれば、ほぼ一生涯続く。

専門家のコメント

毛を完全に無くすだけでなく、毛の密度を少なくしたい場合にも有効。 ムダ毛を薄くできる脱毛は、現在のところ光脱毛と針脱毛だけである。

2. ワックス脱毛

どのような脱毛か?

脱毛用のローションを皮膚に塗り、シートをその上に密着させ、ローションが乾燥してから引きはがすことによって毛を毛根から取り除く。

処置時間

10分から1時間程度(部位による)

適している部位

眉毛(眉間)、目の周辺、耳の毛、首、手足など。

施術費用

1,000円から8,000円程度(部位により異なる)

脱毛の効果

4週間から6週間続く

専門家のコメント

ローションは皮膚のトラブルを引き起こす可能性があるため、ワックス脱毛の経験がない人は、まずクリニックなどの専門施設で施術を受けることを勧める。

3. 針脱毛

どのような脱毛か?

毛穴に差し込んだ極細の針から電気を流し、毛根を1つ1つ破壊していく。

処置時間

毛を一本づつ処理するため、毛の量に応じて処置時間が長くなる。(数十分から数時間)

適している部位

広い部位は処置に時間がかかるため、眉の周辺や首の毛など、狭い部位の脱毛に適している。陰部の脱毛も可能だが、痛みが激しいため、局所麻酔を使って脱毛した方がよい。

施術費用

1回につき約5,000円

脱毛の効果

一生涯続く

専門家のコメント

若い男性の針脱毛で最も多いのは、つながった眉毛(一本眉)の眉間部分への施術である。年齢が上がるにつれて、首、耳の毛、そして鼻の毛穴の除去を希望する男性が多くなる。

4. 背中用カミソリ

どのような脱毛か?

30センチほどの柄がついた幅広のカミソリを使い、乾布摩擦のようにして背中のムダ毛を剃る。

処置時間

20分から1時間ほど。

適している部位

背中、肩、尻など。

施術費用

5,000円程度の器具費用(+替え刃の費用)

脱毛の効果

長くて2~3日。

専門家のコメント

剃毛は最も簡単かつ時間のかからない脱毛であるが、埋没毛を生じさせるリスクがある。埋没毛を防ぐには、シェービング用のクリームなどを使い、剃毛の前に毛を濡らしておくことが有効。

5. 除毛クリーム

どのような脱毛か?

アルカリ性の薬剤が含まれたクリームが毛のタンパク質に作用し、毛を溶かすことによって脱毛する。

処置時間

30分から60分程度。

適している部位

背中、胸、手足など。 顔や陰部に関しては、薬剤の刺激が強すぎるため避けたほうがよい。

施術費用

3,000円~6,000円(サロン)、2,000円~3,000円(自宅用キット)

脱毛の効果

1週間~数週間

専門家のコメント

事前に必ずパッチテストを行い、かぶれや炎症が起こらないか確認すること。肌が弱い人、または肌にトラブルがある人は、この脱毛を避けたほうがよい。

どの脱毛法を選ぶべきか?

毛深い悩みを根本的に解決する方法として、当サイトでは主に光脱毛を推奨しています。 しかし、脱毛したい部位や、脱毛効果の継続期間をどれくらい求めるかによって、他にも有効な選択肢が存在します。

例えば、顔のムダ毛(眉の周辺や耳の毛など)に対しては、レーザーやフラッシュでは上手く脱毛できないため、ワックスを使って定期的に処理した方がよいかもしれません。

また、背中や尻など、普段は人に見せない部分を一時的に処理したいという場合は、カミソリによる処理で急場をしのぐことも可能です。(あくまでも一時的な効果ですが)

それぞれの脱毛法のメリットとデメリットを考慮し、一生涯のトータルでの処理時間、そして費用対効果もよく検討した上で、後悔しない脱毛法を選ぶべきだと思います。