家庭用脱毛器「ケノン」で脱毛するメリット

クリニックや美容外科でレーザー脱毛の施術を受ける場合、担当の看護師の技術や経験によって、効果が大きく変わります。
一応、クリニックでの脱毛は「医師の指導を受けた看護師」が実施しているようですが、技術レベルには差があります。

筆者が上腕を医療レーザーで脱毛した際には、運悪く技術の低い人に当たってしまい、結果として増毛(硬化)という脱毛失敗の状態になりました。

しかし自分でいつでもできる家庭用脱毛器の場合、一時的にやり残した部分があっても、後で何回でもやり直すことができるという利点があります。

出力については、ケノンの場合だと7以上(10段階中)で照射すればまず硬化という現象は起きないと思われます。

筆者はケノンの購入後、毛が増えてしまった状態の上腕を真っ先に脱毛しましたが、今はほとんど毛が生えない状態にまでなりました。

40万円も払った医療レーザーより、7万円ほどのケノンの方が満足のいく結果を出せるとは、思いもよりませんでした。毛深い男性にとっては本当に良い時代になったと思います。

他にも、衛生面で安心(クリニックだと前の人が陰毛をやってたら嫌…)なことや、時間的・経済的な負担が小さいといったメリットがあります。

では、デメリットは?

家庭用脱毛器は以前に比べて非常に高性能になったものの、やはり医療レーザーとは最大出力が違います。

特に剛毛のヒゲに対しては、今のところ家庭用脱毛器では厳しいというのが現状です。

また自分で脱毛を行う場合は、全て自己責任で脱毛を行うことになります。
家庭用脱毛器には安全設計が施されていますが、それでも無茶な使い方や当てすぎなどにより、火傷を負ったり肌を痛めてしまう危険性があります。

他にも「毛周期」という毛の生えるサイクルを理解し、適切な頻度で脱毛を行うといった知識も使用者に求められます。

正しい知識を持って家庭用脱毛器を使えば、クリニックで下手な担当者にやってもらうよりも、確実な効果を発揮するというのが筆者の考えです。

自己責任で実施する「家庭脱毛」においては、使用者が脱毛についてきちんと理解することが重要になってきます。

次のページでは、安全かつ効果的に永久脱毛を行う方法について説明します。