指の毛 (手の甲、足の甲)

脱毛の難易度 : ★★☆☆☆

カミソリメーカー「貝印」が実施した調査によると、女性から見た男性の気になるムダ毛の中で、「手足の指の毛」が上位にランクインしています。
(参考:「ツル肌男子」が急増中の理由

手の甲や指の毛は、日常生活でも人目に触れる機会が多い部分。 足の甲に生えた毛は、夏にサンダルを履いた際などに露出すると不潔感・不快感を与える原因となります。

これらの部位はツルツルにしてしまっても外見的にまったく不自然ではなく、清潔感のアップに大きな効果があります。 脱毛器を照射する面積は小さく、すぐに効果を感じられるので、脱毛の費用対効果が非常に高い部位です。

筆者は手の甲は医療レーザーで4割くらい脱毛し、残りの6割をケノンで脱毛しました。 足の甲と指は、最初からすべてケノンで脱毛しました。

手の甲、足の甲は、脱毛器の光を照射してもあまり痛くない場所です。
そのため、照射の痛みに慣れていない人でも、初めから強い出力で脱毛器を当てることができると思います。(ケノンの場合は最高出力の10でもOK)

ただ、ケノンのように照射面の大きい「フラッシュ脱毛器」だと、指に脱毛器を当てるのが難しいです。 筆者は男にしては指が細いので、光をうまく当てるのに苦労しました。

ケノンには、標準のラージ・ヘッドと、小さいサイズのスモール・ヘッドという2種類のヘッドがあります。 手や足の指を脱毛する時は、小さい方のヘッドを使った方が上手く脱毛できます。

ケノンの付属品は購入時期によって異なるようですが、もし小さいサイズのヘッドが付属しない場合には、別売りのスモール・ヘッドを購入した方が良いと思います。 (筆者がケノンを購入した時は、キャンペーンでスモール・ヘッドが付いてきました。)

照射の間隔としては、最初の2回は二週間おき。 次からは四週間おきくらいが調度良いです。 最初の照射から2ヶ月くらいで効果を実感でき、3ヶ月後には明らかな毛の減少を確認できます。