へそ下のムダ毛

脱毛の難易度 : ★☆☆☆☆

へそ下の毛は通称「ギャランドゥ」と呼ばれており、昔は男らしさの象徴とも言える毛でした。 しかし最近は男女ともに意識が変わり、できることなら無いに越したことはない、というムダ毛の一つです。

幸い、この部分の毛はケノン(Kenon)で簡単に永久脱毛することができます。

筆者はへそ下の毛がそこまで濃くなかったせいか(それでも平均以上ですが)、ケノンを2回ほど照射しただけでほとんど目立たない状態になりました。
期間でいうと、二ヶ月目から明らかな効果を実感できました。

注意点として、お腹周りは肌が弱いため、照射器を連続で当てたりすると肌を痛めやすいです。 私は当初、このことを知らずにケノンで二度打ち(二回連続で照射すること)をやってしまい、へその近くに軽い火傷を負いました。

火傷といっても、肌が赤く腫れてヒリヒリした後に、黒く色素沈着する程度のもので、日焼けに近い感じです。(この後、肌の色が元に戻るまでに4ヶ月くらい掛かかりましたが…)

それだけ、ケノンの威力が強いということだと思います。
肌が弱い部分に対しては、くれぐれも無理な連続打ちをしてはいけません。

連続照射をしなければ、ケノンの出力は最初から10でも問題ないと思います。 ただ、一度照射してみて肌が赤くなるようであれば、出力を下げて照射した方が良いでしょう。 肌を痛めてしまうと、その部分はしばらく脱毛できなくなってしまうので、かえって時間が掛かります。

照射時の痛みはそれほどなく、脱毛器も当てやすい場所ですが、肌のケアには注意が必要です。