男のムダ毛処理が難しい理由

男のムダ毛処理はデリケートな問題です。

脚や腕などの目立つ部分をカミソリで剃ってしまうと、不自然にツルツルになったり、剃り跡が残ったりして、逆に見た目が悪くなります。

他にはブリーチで脱色したり、毛抜きで一本一本抜いて処理する、またはボディ・シェーバーで毛を短く刈るといった方法もありますが、いずれも多大なメンテナンスを必要とする割に、肝心の見た目はそれほど良くなりません。

そもそも男の場合、ムダ毛を気にすること自体が恥ずかしく、処理していることがバレた時点でアウトという風潮があります。

かといって、ムダ毛をボーボーに生やしたままにしていると、今度は「清潔感が無い」なんて言われてしまいます。

毛深い男性としては、「じゃあ、どうすればいいの?」と言いたくなります。

ムダ毛の悩みは解決できる時代

男性にとっての明るいニュースは、ムダ毛の悩みが解決できる時代になったということです。

筆者は30代のおっさんですが、小さい頃から毛深いことが悩みで、いろんな脱毛を試してきました。

試行錯誤の末、たどり着いた答えは、
「体毛を自然に薄くするためには、永久脱毛が唯一の方法である」
ということです。

永久脱毛は希望する部分をツルツルの無毛状態にするだけでなく、その前の段階でストップすれば、自然で薄い状態に仕上げることもできます。
しかも、一度きちんと処理すれば、一生ムダ毛を気にせず生きることができます。

「誰にもバレず、自然に、そして根本的にムダ毛の悩みを解決できる」
これが、男にとっての永久脱毛のメリットです。

"自宅で永久脱毛"のメリット

永久脱毛というと、つい最近までは美容クニックの医療レーザーしか選択肢がなく、金銭面に加えて、男性には心理面でも非常に高いハードルがありました。

しかし、現在では「家庭用脱毛器」が進化したことで、誰でも簡単に、自宅で自然に永久脱毛ができるようになりました。

これは筆者のような毛深い男にとっては、IT革命に匹敵するインパクトだと思います。

永久脱毛は、今や女性だけのものではありません。
すでに欧米諸国では、男性のアンダーヘア脱毛などが当然のエチケットとして浸透しています。

家庭用脱毛器がもたらす「脱毛革命」によって、今後は日本でも密かに脱毛を行う男性が増えると予想されます。